PR

【ウィッグだとバレるのが嫌な方へ】生えぎわやもみあげが浮くのを防ぐ方法と商品をご案内します‼

【掲載用」ピンクエイジフロントレース生えぎわ部分 フルウィッグ
フルウィッグヘアピース
FavoriteLoadingこの記事をブックマークする

こんにちは、にゃんたです。40代半ばの子なし主婦です。
私は20代の10年間、美容業界で美容師として働いていました。

【掲載】私の美容師免許
私の美容師免許

私は病気の治療に伴い、フルウィッグ生活を通算3年半ほど経験しています。
現在は頭頂部の薄毛が気になるため、外出時のみヘアピースを着用する生活を送っています。
私のプロフィールについては、以下の記事で触れています。
興味のある方は、ぜひご覧ください。

今回は、ウィッグやヘアピースを使う方のお悩みポイントでよくある「浮くのをどうしたら防げるのか」 について、徹底解説していきたいと思います。

解決方法を段階的に書くと、以下のようになります。

1️⃣ ご自身のお悩みポイントとその原因を知ること
2️⃣ 原因に合わせた解決方法・ツールを知ること

今回は、ウィッグが浮くポイント~解決方法・ツールまで、たくさんの情報をご提案していきます。
気になる方は、ぜひ最後まで読んでいってくださいね‼

広告

ウィッグ・ヘアピース|最も浮きやすいポイントは?

まず最初に、ウィッグやヘアピースが最もよく浮くポイントについて解説したいと思います。
あなたのお悩みポイントが以下の中にある場合は、この記事を読んでいただくことで解決できるかもしれません。

1️⃣・前髪の生えぎわ
2️⃣・もみあげ
3️⃣・頭頂部

いかがでしょうか?
今回は、この3点を集中的に解決するプランを書いていきたいと考えています。
お悩みが上記リストに含まれる場合は、ぜひ最後まで読んでいただきたいなと思います。

前髪の生えぎわの浮きを解決する方法

まずは最初に、前髪の生えぎわが浮く理由どうすれば浮きを解決できるのか?について解説していきたいと思います。
前髪の生えぎわが浮く悩みを持つ方のほとんどは、前髪なしかワンレンスタイルのウィッグ類を使っている方ではないかと思います。
前髪があるウィッグの場合、仮に生えぎわが多少浮いていたとしてもそこまで目立たないですよね。
生えぎわが見える前髪なしワンレンのスタイルだからこそ、浮きが目立ちます。

このときによくある原因は、

1️⃣・ウィッグのサイズを合わせていない
2️⃣・付属のピンを正しく使えていない

この2点がポイントかなと思います。

ウィッグのサイズを合わせる

こちらは、ウィッグメーカー「ピンクエイジ」よりお借りしたフルウィッグ着用方法動画になります。
1:17~ あたりからフルウィッグの裏面が映りますよ⏬⏬

フルウィッグの裏面は、下記画像のようなアジャスター式のものが多いと思います。
かぶる前にアジャスターをある程度締めて、自分の頭のサイズに合わせておくのが基本のやり方になります。

【掲載用】ウィッグのストラップ

フルウィッグのかぶり方の基本は「アジャスターで締めて頭の大きさに沿わせる方法」です。
ウィッグによっては、アジャスターの他にこういったピンがつけられているものもあります⏬⏬⏬

【掲載用】ウィッグのストラップ2
フルウィッグの裏面ピン

アジャスターで締める方法だと頭が痛くなる方は、ピンを中心に使うやり方のほうが良いかもしれません。
結局は固定ができれば、ピンでもアジャスターでもどちらを使用しても構わないです。

ウィッグによっては、ピンがついていない商品もあります。
必要な場合は、別途購入して自分で縫い着けていきましょう。
ピン自体は、ウィッグメーカーであれば大体どこでも販売されていると思います。
ピンクエイジの場合は、こちらから購入することが出来ます。
下記画像をクリックすると商品ページに飛べます⏬⏬⏬

ピンを別途購入する場合は、難しく考えず、しっかり留めたいところに手縫いで付ければOKです。
下記に参考動画を載せましたので、一度ご覧頂ければと思います。

付属のピンを正しく使う

前項でも登場したピンの使い方が合っていないと、しっかりと留まってくれません。
このピンの使い方に自信がない方は、別の記事で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。
写真をふんだんに使用して、工程ごとの解説を入れています。
前髪があってもなくても、ピンの使い方に関する基本的な考え方は、以下の記事内容に準じます⏬⏬⏬

根本から解決したいならフロントレース商品がおすすめ

他にご提案できる方法としては、フロントレースつき商品を選ぶことです。
「フロントレース」とは肌色の半透明の素材のことで、地肌とウィッグを一体化して見せるためのパーツになります。
前髪なしやワンレンスタイルの場合、地肌とウィッグが一体化して見えるとより自然です。
フロントレースつきの商品を選ぶことで、とても自然な生えぎわを造る事ができます。
動画で見ると、こんなかんじの商品になります⏬⏬

画像で見るとこんな感じです。

【掲載用】フロントレース写真

実は最近私は、フロントレースつきのヘアピースを入手しました!!
使用感などをかなり詳細にレポートしましたので、宜しければ参考資料としてこちらの記事も読んでみてください。

フロントレース生地を使ったウィッグ類については、こちらの記事でも触れています。
こちらは、前髪なしワンレンスタイルのフロントレース製法「フルウィッグ」商品記事になります⏬⏬⏬

こちらは、前髪なしワンレンスタイルのフロントレースつき「ヘアピース」商品記事になります⏬⏬⏬

もみあげの浮きを解決する方法

もみあげの浮きが気になるケースで多いのは、ショートヘアのフルウィッグを使用している方ではないかと思います。
理由は単純で、もみあげがよく見えるヘアスタイルだからです。
それ以外だと、治療などで脱毛している方で、風が吹いた時にもみあげが無いことが分かってしまうケースかなと思います。

そういった「もみあげの浮き」を解決する方法としては、

1️⃣・もみあげ部分にワイヤー・芯が入った商品を選ぶ
2️⃣・ウィッグ専用のり・テープを使う
3️⃣・もみあげ商品を買ってつける

この3つをご提案できます。

もみあげにワイヤーや芯が入った商品を選ぶ

ショートヘアのウィッグをお使いの方で、もみあげの浮きが気になる場合にご提案できるのが「もみあげにワイヤーや芯が入った商品」です。
金属ではなく樹脂を使用した商品の場合は、MRIなど金属を外さないといけない検査でも、ウィッグを被ったまま受けることが出来ます。
ワイヤー使用のものと樹脂製使用のものの両方をご案内していきます。

下記のメーカー3社はショートスタイル以外でも、もみあげワイヤー入り商品を展開しています。
気になる方は、リンク先から他のスタイルについても見ていってくださいね。

【人工毛】アクアドール ヴィーナス フレンチショート(ワイヤー入)

画像をクリックすると商品ページに飛べます⏬⏬⏬

【人工毛】ライツフォル スイートレイヤーショート(ワイヤー入)

画像をクリックすると商品ページに飛べます⏬⏬⏬

【掲載用】ライツフォル口コミ

【人工毛】プリシラ リズムカールショート(プラスチック耳芯入)

画像をクリックすると商品ページに飛べます⏬⏬⏬

ウィッグ専用テープ・のりを使う

つづいては、もみあげにワイヤーが入っていない商品の解決方法をご紹介していきます。
もみあげに関わらず、ウィッグが顔まわりから浮くのを防いでくれるツールが存在します。
それが以下のような商品になります。

ブライトララ ウィッグテープ

こちらは、両面テープ仕様の商品になります。

画像をクリックすると商品ページに飛べます⏬⏬⏬

三善 ドンピシャン カツラ用

こちらは、舞台用化粧品メーカー「三善」の商品です。
プロの方も使われる有名メーカーなので、耐久性に優れた商品です。

画像をクリックすると商品ページに飛べます⏬⏬⏬

クラッセ フェイススキングルー

こちらも前の商品と用途は同じで、主にコスプレイヤーさんが使うメーカーになります。
コスプレイヤーさんたちも、ウィッグをいかに自然に見せられるかに力を注いでいるので、彼らが使う商品もおのずと質が高いものになります。

画像をクリックすると商品ページに飛べます⏬⏬⏬

もみあげ商品を買ってつける

こちらは、治療などで髪がなくなっている方・脱毛症でもみあげが無い向けの内容となります。
もみあげが全く無いと、顔周りが見えた時に不自然に見えがちですよね。
そこで、「もみあげを貼っておく」という手があります。
ひとつ前の「ウィッグ専用テープ・のりを使う」と併用すると、さらに自然に見えます。

画像をクリックすると商品ページに飛べます⏬⏬⏬

上記商品については、貼り方説明動画もあります⏬⏬⏬

頭頂部の浮きを解決する方法

フルウィッグを使っていて「頭頂部の浮き」が気になる場合は、以下の原因が考えられます。

1️⃣・地毛の処理が甘い
2️⃣・ウィッグのサイズが自体が大きいものを使っている

上記2つの原因である場合の解決策を、以下に書いていきたいと思います。

地毛の処理をきちんとする

「地毛の処理が甘い」というのはおもに、「地毛がロングヘアの方が、上手く地毛をまとめられていない状態」を指します。
フルウィッグをかぶる時に大事なことは、かぶる前の頭の大きさをなるべく平らに小さくまとめることになります。
地毛のまとめ方がでこぼこだったりすっきりしていないと、それが表面にも響いてきます。
理想的なまとめ方は、以下の動画を参考にしてみて下さい。

1:50~ 地毛が長い方のまとめ方が始まります⏬⏬⏬

ウィッグを縫い縮める

本来は、ウィッグを購入する前に自分の頭のサイズを測り、それに合う商品を購入するのが正しい方法です。
ただし、商品によってはワンサイズのものもありますし、人によってはかなり頭が小さい方もいらっしゃいます。
そういった「ウィッグのサイズが大きい」場合に有効なのが、余った部分を縫い詰める方法になります。
実際に縫い詰めるやり方は、以下の動画で見ることが出来ます⏬⏬

あまりウィッグを触ったことがない方は、「ウィッグを縫う」なんてことに考えが及ばないかもしれません。
しかし、あくまでも手縫いでの対応になるので、そこまで固く考えなくても大丈夫です。
失敗したら、糸をほどいてまた縫い直せば大丈夫です。
心配な方は最初に仮縫いをして、実際にかぶってみましょう。
サイズが大丈夫であれば本縫いをして、しっかり留めていけば大丈夫です。

ウィッグやヘアピースの関連情報をたくさん記事にしています

わたしは、「今まで実際にウィッグ類を使用してきた美容師」という経験を活かして、このブログ内でたくさんの記事を書いています。
いまウィッグやヘアピースを使っていて、他にも困ることがある場合は、私の記事が参考になるかもしれません。
ぜひ一度見ていってくださいね。

こちらはウィッグ類を選ぶ際にありがちな「人毛と人工毛でなにがどう違うのか?」にフォーカスした記事になります⏬⏬

こちらは、ウィッグの前髪が長かったり量が多い場合に参考にして頂ける内容になっています⏬⏬

実はこれを知らないと、ウィッグの絡みが取れなくなったり早く傷んで使えなくなる可能性もあります⏬⏬

ウィッグとヘアピース商品のレビュー記事もたくさん書いています

ウィッグやヘアピースのハウツー記事以外には、商品自体のレビューもたくさん書いています。
新しくウィッグ類を探している方は、ぜひ見ていってくださいね。

フルウィッグ
「フルウィッグ」の記事一覧です。
ヘアピース
「ヘアピース」の記事一覧です。

まとめ

今回は、ウィッグが浮くのを防ぐ方法とそのための商品について、元美容師ウィッグユーザーの私から解説させていただきました。
ウィッグやヘアピース商品の数は、世の中に数え切れないくらいたくさんあります。
それぞれが素材や製法の違いを持っており、用途に応じて選べるラインナップになっています。
それと同時に、いかに自然に見せられるか に特化した関連商品もたくさん生み出されています。
ウィッグユーザーの数だけ悩みもたくさんあるということになるので、ウィッグメーカーさんも日々悩みを解決するための商品づくりを目指しています。
今回こちらでご紹介した内容以外にも、新しくご案内出来る商品や情報が出てきたら、また記事にさせていただきたいと思います。

【掲載用】生花のしおりでブックマークしている画像

今回の記事が参考になったようでしたら、是非ブックマークをお願い致します。
最後まで読んでいただきまして、まことにありがとうございました。

にゃんたの総合案内所 - にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました