PR

【ヘアピース選び方ガイド】素材・製法・その他|何が違うのか美容師ユーザーが分かりやすく説明します!!

ウィッグレビュー・体験談
ウィッグレビュー・体験談ヘアピースレビュー・体験談
FavoriteLoadingこの記事をブックマークする

今回は、いまの自分に合うヘアピース(部分ウィッグ)の選び方について、様々な方面から徹底解説していきたいと思います。

ヘアピースの商品紹介記事は別でご用意していますので、詳しい説明よりもラインナップを中心に見たい方はこちら 脱ウィッグしてヘアピースに変えるとラク‼どこに売ってる?どこで買う?をご覧ください。

ヘアピース(部分ウィッグ)を購入する前に見ておきたいポイントは、以下の通りになります。

① 予算
② 素材

➂ 製法
④ ベースの大きさ

地毛の長さ
⑥ 地毛の明るさ

にゃんた
にゃんた

上記で6つのポイントを挙げているとおり、私はヘアピース選びというテーマは、けっこう奥が深くて壮大なものだと思っています。


もし現在、気になっているヘアピースが幾つかあって、どれにしようか迷っている場合は、こちらの記事を読むことで、商品を理解する助けになってくれるかもしれませんよ!

広告
  1. 【ウィッグ・ヘアピース】素材と製法で価格一覧表にすると?
  2. 【ウィッグ・ヘアピース】髪の素材によってどう違う?
    1. ①人工毛商品の商品例
    2. ②人毛・人工毛ミックスの商品例
    3. ➂人毛100%の商品例(レミー人毛を除く)
    4. ④レミー人毛100%の商品例
  3. 【ウィッグ・ヘアピース】機械植えと手植えでどう違う?
    1. 機械植えと総手植えのヘアピースを比較してみましょう
  4. 【ウィッグ・ヘアピース】 ベースの大きさはどのくらいがいい?
    1. ① 頭頂部のみをカバーするヘアピース
      1. レオンティーナのヘアピース ショート/ミディアム(人工毛100%/9,500円~)
    2. ➂ 前髪生えぎわ~後頭部までをカバーするヘアピース
      1. ピンクエイジのヘアピース(人工毛/16,000円台~)
    3. ② 分け目~後頭部までをカバーするヘアピース
      1.  ブライトララのヘアピース(人毛100%/12,000円台~)
      2. レオンティーナのヘアピース(人工毛100%/22,000円)
  5. 【ウィッグ・ヘアピース】地毛の長さとどう合わせたら良い?
  6. 【ウィッグ・ヘアピース】地毛の明るさとどう合わせたら良い?
    1. 【購入前】候補商品を見るときは「画面の明るさMAXにする」
    2. 【購入前】地毛を撮影して商品画像と比較する
      1. 参考 実例で見てみましょう
    3. 【購入後】メーカーの色交換サービスを利用する
      1. ピンクエイジの場合【色交換】
      2. ブライトララの場合【色交換】
      3. レオンティーナの場合【色交換】
    4. 【購入後】人毛100%ヘアピースの場合
    5. 【購入後】人工毛(人毛MIXを含む)ヘアピースの場合
  7. ヘアピースのつけ方・コツに関する記事はこちらにあります
  8. まとめ

【ウィッグ・ヘアピース】素材と製法で価格一覧表にすると?

下記は、ヘアピースを素材と製法に絞って比較した場合に、価格がとう変わるかを表したものです。

安価 ②やや安価 ➂中間 ④やや高価 ➄高価最も高価 の順で、価格帯が変化していきます。

製法/素材人工毛人毛
人工毛
MIX
人毛
100%
レミー
人毛
100%
機械植え①安価やや
 安価
➂中間④やや
 高価

手植え
機械植え
併用
やや
 安価
➂中間④やや
 高価
➄高価
手植え➂中間④やや
 高価
➄高価⑥最も
 高価
ウィッグ・ヘアピースの価格は素材と製法でこんな感じに変わります
にゃんた
にゃんた

上記の表は、ウィッグとヘアピースの両方に当てはまる基本的な要素となっています。

この表をベースに商品を見ていただくと、100%とは言えないですが大体は当てはまると思います。

次の章では、上記の表のヨコ軸とタテ軸の要素をひとつずつ解説していきたいと思います。

【ウィッグ・ヘアピース】髪の素材によってどう違う?

前項で比較表を用いて説明していますが、ヘアピースの髪の毛に使用される「素材」は、大きく分けると以下の4種類で構成されています。

人工毛
② 人毛・人工毛ミックス
人毛100%
レミー人毛100%

上記の4種類のメリット・デメリットを比較一覧表にすると、おおむね下記のようになります。

       メリット    デメリット
①人工
 毛
安価
形状記憶
 ブロー不要
・ものにより
 見た目不自然
・パーマ・カラー
 不可
②人毛
人工毛
ミックス
・人毛100%より
 安価
①よりも自然
 見た目
・パーマ・カラー
 不可
➂人毛
100%
・見た目が自然
・パーマ・カラーOK
(注:メーカーによる)
・人工毛より高額
・商品によりクセ強く
 お手入れ難しい物も
レミー
人毛
100%
自然で艶のある質感
・パーマ・カラーOK
(注:メーカーによる)
・ものにより
 値段かなり高め
人毛と人工毛のメリット・デメリット
にゃんた
にゃんた

次の項では、実際の商品例を用いて①から④の比較をして頂けるようにします。

①人工毛商品の商品例

人工毛ヘアピースの商品例として、最初の1つは安価なものをご紹介します。

ブライトララ/トップヘアピース ニュアンスカール 28cm  2,580円(税込)

\クリックで商品ページに飛びます/

にゃんた
にゃんた

こちらはかなり安価なので、自然さを求める方には微妙かなと思います。


私は30代半ば頃、仕事に行くとき(事務職)に前髪ウィッグの用途として、こういったヘアピースを使っていましたよ。

レオンティーナ/とけこみウィッグショート 20cm 9,500円/12,500円(税込)

\クリックで商品ページに飛びます/

にゃんた
にゃんた

こちらレオンティーナのヘアピースの用途は、薄毛カバーというよりは白髪隠しに向いた商品です。


このタイプの需要はかなり高く、私のブログ読者さんで購入された方が結構たくさんいらっしゃいます。

レオンティーナの人工毛ヘアピースについては、大人ウィッグレオンティーナ人工毛ヘアピース3選 で詳しく触れているので、気になる方はぜひ見ていってくださいね。

こちらは私も絶賛使用中の、ピンクエイジ/トップカバー) シースルーバング ルーズCカール  50cm 16,500円(税込) です。

\クリックで商品ページに飛びます/

にゃんた
にゃんた

こちらは値段に相応な外観なので、どこにでも着けていくことができます。

お仕事など改まった場所でも全然使えます!

こちらの商品の使用感レビューは、下記の記事で詳しく触れています。
【ピンクエイジはバレるのか?】前髪つきヘアピースを本人が着用

②人毛・人工毛ミックスの商品例

つづいては人毛MIX商品のご案内になります。
人毛を含む商品ということは自然に見せることが一番の目的なので、前項にあるような攻めた感じの商品は少なくなります。

ブライトララ/総手植え 人毛MIX 前髪付きトップヘアピース 28cm 9,980円(税込)

\クリックで商品ページに飛びます/

にゃんた
にゃんた

こちらは人毛人工毛MIXなので、人毛100%商品よりも安価に入手できるところが最大の特長です。


人毛を含むので、人工毛商品よりも自然な外観を叶えてくれます。


私は前髪をおろしたいので、次に入手するならこういったタイプが有力かな?と思っています。


こちらの商品は、ヘアピースの比較記事内でも詳しく解説していますので、気になる方はぜひ見ていってくださいね。
【全部15,000円以下】人毛ヘアピース人気商品を40代女性美容師が解説します【ブライトララ】

マリブウィッグ/リアルスキン ヘアピース L 20cm 17,600円(税込)

\クリックで商品ページに飛びます/

にゃんた
にゃんた

こちらのショップの特長は、全国の有名ショッピンモールに実店舗を構えているところです。

また、こちらの商品は自宅での無料試着ができる点もポイントが高いと思います。

マリブウィッグのヘアピースについては、別の記事で詳しく解説していますので、興味のあるかたはぜひご一読ください。

【自宅で無料試着4点OK】マリブウィッグはイオンなど全国に200店舗!

リネアストリア/トップカバーピース・ワイド ナチュラルカール人毛MIX 29cm 29,980円

\クリックで商品ページに飛びます/

にゃんた
にゃんた

こちらは、総手植えの人毛MIXヘアピースになります。


リネアストリアの一部商品は返品交換保証がついているのが特長で、この商品も対象となります。

気になる方は、こちら 返品OK・満足保証(対象ウィッグ限定) |リネアストリア楽天市場店 説明ページをご覧ください。

➂人毛100%の商品例(レミー人毛を除く)

おそらく、世の中のヘアピース商品の半分以上は人毛100%商品だと思います。

その理由として、ウィッグと違いヘアピースは地毛との境目が見えやすい商品なので、人毛を使用して自然に見せたいケースが多いからだと思われます。

ブライトララ/人毛100% マシンメイドトップヘアピース 分け目タイプ 15cm/20cm|7,980円/ 8,980円(税込)

\クリックで商品ページに飛びます/

にゃんた
にゃんた

こちらは、機械植えの人毛100%ヘアピースです。

後ろの項で詳しく説明しますが、同じ素材を使って2つヘアピースを制作した場合、手植えよりも機械植えの方がコストが抑えられるため、安価に提供することができます。


こちらの商品は、ヘアピースの比較記事内でも詳しく解説していますので、気になる方はぜひ見ていってくださいね。

【全部15,000円以下】人毛ヘアピース人気商品を40代女性美容師が解説します【ブライトララ】

レオンティーナ/人毛100% 部分ウィッグ 12cm~20cm|8,580円~14,850円(税込)

こちらは、20cm/14,850円の商品ページです。

\クリックで商品ページに飛びます/

にゃんた
にゃんた

こちらは、総手植えの人毛100%ヘアピースです。

長さが12cm/15cm/20cmの3種類用意されているので、いまのヘアスタイルに合わせて選べるようになっています。


こちらの商品は、ヘアピースの比較記事内でも詳しく解説していますので、気になる方はぜひ見ていってくださいね。

【おすすめの人毛100%ヘアピース】レオンカの妹ブランドレオンティーナ

私元気/人毛 部分ウィッグ 20cm~35cm|15,400円~34,980円(税込)

こちらは、25cm/18,700円の商品ページです。

\クリックで商品ページに飛びます/

にゃんた
にゃんた

こちらは、マシンメイドの人毛100%ヘアピースです。

同じスタイルで、長さが20cm/25cm/35cmの3種類用意されているので、いまのヘアスタイルに合わせて選べるようになっています。

④レミー人毛100%の商品例

こちらは、人毛のなかでもレミー人毛100%商品だけを集めたラインナップです。

「レミー人毛」について詳しく説明するとかなり長くなるのですが、簡潔に書くと、根元と毛先の向きが全部揃っていて、髪表面のキューティクルが残存している状態の人毛のことです。

にゃんた
にゃんた

見た目で分かる点としては、髪表面のツヤ感ハリコシがあって、健康的な髪質であることが特長だと思います。

ブライトララ/総手植え 最高級人毛(レミー)100% トップヘアピース 分け目タイプ 15cm/20cm 13,800円/ 14,800円(税込)

\クリックで商品ページに飛びます/

にゃんた
にゃんた

こちらは、総手植えのレミー人毛100%ヘアピースです。

ブライトララのヘアピースの中では最上位モデルになります。


こちらの商品は、ヘアピースの比較記事内でも詳しく解説していますので、気になる方はぜひ見ていってくださいね。

【全部15,000円以下】人毛ヘアピース人気商品を40代女性美容師が解説します【ブライトララ】

私元気/人毛 部分ウィッグ 艶髪 25cm 21,780円(税込)

\クリックで商品ページに飛びます/

にゃんた
にゃんた

こちらは、マシンメイドのレミー人毛100%ヘアピースです。

同じスタイルで、長さが25cm/35cmの2種類用意されているので、いまのヘアスタイルに合わせて選べるようになっています。

私元気の特徴は、同じスタイルでも長さ・髪質・製法を選べる商品が多く、かなりカスタマイズ性に優れているところです。

にゃんた
にゃんた

条件によっては既製品に比べて納期が長くなりますが、自分にピッタリ合う製品を探している方には、オススメできるメーカーだと思います。
私元気のヘアピースの総合入口はこちらです。

ヘアダイレクト/最高級人毛100% 部分ウィッグ レミーピース ベースサイズS 30cm 47,080円(税込)

\クリックで商品ページに飛びます/

にゃんた
にゃんた

こちらは、総手植えのレミー人毛100%ヘアピースです。

総手植えであるだけでなく、長さが30~35cmとかなり長いため、希少性が高いので値段も高くなっています。

【ウィッグ・ヘアピース】機械植えと手植えでどう違う?

こちらの章では、機械植えと手植えでどう違うのかについて解説していきたいと思います。

前項でも比較表を用いて説明していますが、ヘアピースの髪を植える時の「製法」は、大きく分けると以下の3種類で構成されています。

機械植え
部分手植え(手植え部分以外は機械植え)
総手植え

上記の3種類のメリット・デメリットを比較一覧表にすると、おおむね下記のようになります。

    メリット     デメリット
機械植え安価ペタンとしやすい
部分
 手植え
・総手植えよりは
 安価
機械植えよりは
高価
総手植え根本からの
 
立ち上がりがつき
 
ふんわりさせやすい
職人が全面
手作業するので
コストがかかる
機械植えと手植えのメリット・デメリット

機械植えと総手植えのヘアピースを比較してみましょう

【ウィッグ・ヘアピース】 ベースの大きさはどのくらいがいい?

こちらの章では、ヘアピースを選ぶ時に ベースの大きさ長さどのくらいの物を選ぶと良いのかについて解説していきたいと思います。

まずはじめに、 ベースの大きさを以下のように絞ると、探しやすくなります。

ヘアピースのベースの大きさは大きく分けて3種類

頭頂部のみ
分け目~後頭部まで
前髪生えぎわ~後頭部まで

ほとんどのヘアピース商品は上記の①~➂に合うよう設計されており、さらにどんなヘアスタイルにも合うよう長さを2種類で展開しているものが多いです。

まずは、ご自身の悩んでいる範囲が①~➂のどれに当たるのかを考えてみましょう。

にゃんた
にゃんた

注意点としては、悩んでいる部分よりも大きめのヘアピースを選ばないと、表面から薄毛部分が見えやすくなることです。

薄毛部分と同じサイズのヘアピースを選ぶのではなく、ふた回りくらい大きいサイズのヘアピースででカバーすると考えましょう。

① 頭頂部のみをカバーするヘアピース

髪の量は普通~多い方で、「とにかく白髪が多くて目立つから隠したい」というケースには、こちらのラインナップが向いています。
髪の量が多い方は、ヘアピースで髪の量が増えてしまうのは困りますよね。
あまり量は増やさず、頭頂部をカバーすることだけに特化した商品ラインナップもあります。

以下に、その商品例を並べてみます。

レオンティーナのヘアピース ショート/ミディアム(人工毛100%/9,500円~)

ショートヘアの方が白髪隠し用にヘアピースを選ぶ時は、長さが20cmくらいまでの商品を選ぶとバランスよく仕上がります。
それ以上長いものを選んでしまうと、見た目のバランスが崩れてしまいます。

【掲載用】とけこみウィッグショート
【掲載用】とけこみウィッグショートスペック
【掲載用】とけこみウィッグショートスペック2

ミディアム~ロングヘアの方が白髪隠し用にヘアピースを選ぶ時は、長さが25cmくらいまでの商品を選ぶとバランスよく仕上がります。

【掲載用】とけこみウィッグロング
【掲載用】とけこみウィッグロングスペック

上記の2商品については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になった方はぜひこちらもご覧ください。

➂ 前髪生えぎわ~後頭部までをカバーするヘアピース

私の場合は、

にゃんた
にゃんた

なんどか大きな病気を経験するうちに、前髪の生えぎわも分け目も後頭部も、全体的に量が少なくなっちゃった…
あと額のシワも気になるから、前髪がついているヘアピースじゃないと困るんだよね…

という悩みの持ち主です。
そんな私が選んだのが「前髪つきヘアピース」になります。
とにかくカバー範囲が広いことが特徴です。

以下に、その商品例を並べてみます。

ピンクエイジのヘアピース(人工毛/16,000円台~)

こちらは、ピンクエイジ公式サイトのモデル着用画像です。
見えている部分はすべてヘアピースになります。

【掲載用】ピンクエイジシースルーバングるーずCカールトップカバー写真
【掲載用】ピンクエイジシースルーバングルーズCカール2

こちらは、上記商品を着用している私の画像です。
到着時に前髪が長めだったので、まだ前髪カットをせずに着用しています。

【掲載用】にゃんたピンクエイジシースルーバングルーズCカール装着正面から
ヘアピース装着正面から

こちらが商品裏面の造りになります。
フロントレースが8cm四方で、その周りに中心から18cm四方でネット素材が広がっています。
ピンが7個ついているので、かなり広範囲から頭頂部をがっちりと留めるタイプになります。
風が吹いても、ピンで留めたところはめくれないです。

【掲載用】ピンクエイジのヘアピースピン留める順番図

こちらは人工頭皮ではなく、フロントレースとネット素材で構成されているので、大きさの割には通気性は良好です。

【掲載用】ピンクエイジフロントレースを表から見た様子

ヘアピース単体の長さはこのようになっています。
頭皮の大きさもさることながら全体のカバー範囲もかなり広いので、髪全体の量が少ない方もこのタイプはとても使い勝手が良いと思います(それは私です)。

【掲載用】シースルーバングルーズカール色見本

上記商品については、到着日から使用開始直後の様子についてレビュー記事を書いています。
こちらの商品が気になる方は、ぜひ下記記事も読んでみて下さい。

ピンクエイジでは、前髪つきヘアピース商品は他にもラインナップがあります。
商品ごとのレビュー記事もありますので、興味のある方はこちらもご覧ください。

前髪をつくると幼い感じがする、自分のイメージと合わないという方には、下記のような前髪なしのワンレンに近いスタイルのヘアピースもあります。

【掲載用】サイドバングルーズCカール
【掲載用】サイドバングルーズCカール2

スタイル・長さは、こちらがベースになっています。

【掲載用】サイドバングルーズCカール 色見本

画像で見えている部分はほぼすべてヘアピースになります。
裏面の造りは前項の前髪ありヘアピースとほぼ同じで、スタイル違いの商品になります。

【掲載用】サイドバンググラムカール
【掲載用】サイドバンググラムカール2

スタイル・長さは、こちらがベースになっています。

【掲載用】サイドバングルーズCカール 色見本

上記前髪なしワンレンヘアピース商品2点については、こちらの記事で詳しくスペックなどを解説しています。
気になった方はぜひこちらもご覧ください。

② 分け目~後頭部までをカバーするヘアピース

前髪のカバーは不要で、分け目から後頭部を中心にカバーしたい方は、こちらのラインナップが向いています。
前項の商品に比べて髪の長さが短いので、地毛との境目が馴染みやすいよう人毛100%商品を中心にご紹介しています。

以下に、その商品例を並べてみます。

 ブライトララのヘアピース(人毛100%/12,000円台~)

こちらは、総手植え商品です。

【掲載用】ブライトララ総手植人毛100ヘアピース
【掲載用】ブライトララ総手植人毛100ヘアピーススペック

こちらは、部分手植え商品です。

【掲載用】ブライトララ部分手植人毛100ヘアピース

【掲載用】ブライトララ部分手植人毛100ヘアピーススペック
【掲載用】ブライトララ部分手植人毛100ヘアピーススペック2

上記の人毛ヘアピース2商品については、比較一覧表を用いながらこちらの記事で詳しく解説しています。
気になった方はぜひ、こちらもご覧ください。

レオンティーナのヘアピース(人工毛100%/22,000円)

つづいて、老舗ヘアピースブランド「レオンカ」の姉妹ブランド「レオンティーナ」の商品をご紹介致します。
こちらはモデルを見て頂くと分かる通り、50代前後の女性をターゲットとして商品展開をしています。
こちらは、総手植え商品です。

【掲載用】レオンティーナ総手植えヘアピースロング
【掲載用】レオンティーナ総手植えヘアピースロングスペック
【掲載用】レオンティーナ総手植えヘアピースロングスペック2

上記スタイルを含むレオンティーナの人工毛ヘアピース商品については、以下の記事で詳しく解説しています。
興味のある方はぜひご覧ください。

【ウィッグ・ヘアピース】地毛の長さとどう合わせたら良い?

【ウィッグ・ヘアピース】地毛の明るさとどう合わせたら良い?

最後に、ヘアピースを自然に使うために重要な「色の選び方=合わせ方」について解説したいと思います。
私がご提案できる方法は、以下の3つになります。

【購入前】候補商品を見るときは「画面の明るさMAXにする」

ヘアピース商品の色選びで一番難しいのが、買おうとしている商品の正確な明るさが分からないことです。
いままでの私の経験上、届いた商品が想像よりも暗かったことはほぼないです。
かなりの確率で、予想よりも明るい商品が届くことが多いです。

この現象が起こる理由は、

・商品の撮影が室内で行われているケースが多いから
・スマホやパソコンの画面上で見ると実際より暗く見えることが多いから

になります。

このような見え方のギャップを小さくする方法として提案できるのが、

商品の明るさを判断するときは、スマホやパソコンの明るさをMAXにして見ること

です。
それによって、屋外で見たときの明るさに少し近づきます。

それでも、予想よりも実物のほうが明るいことはありますが、まずはこの事を念頭に選んでみて下さい。

【掲載用】スマホを見る女性
スマホを見る女性

【購入前】地毛を撮影して商品画像と比較する

次にご提案できるのが、室内と屋外の両方で自身の髪を撮影しておくことです。

大半の場合は、天気の良い日に屋外で撮影したときに一番明るく写り、部屋の中で撮影すると暗く写ります。
この現象を知ったうえで、前項でご提案した「明るくした画面上の商品画像」と「自身の髪の画像上の明るさ」を見比べて、おおよその検討をつけてみましょう。

参考 実例で見てみましょう

これが一例になりますが、私のヘアピースを屋外で撮影したものが以下の写真です。

【掲載用】プリシラ前髪つきヘアピース

この商品は、画面上ではこのように見えて販売されています。
私が装着しているのは、以下の「TDB」の商品なのです。

【掲載用】プリシラ前髪つきヘアピース色見本

スマホやパソコンの画面環境によりますが、おそらく屋外で撮影した写真の方が明るく見えている方の方が多いのでは?と思います。
この現象を覚えておくと、失敗が少なくなると思います。

【購入後】メーカーの色交換サービスを利用する

上記で色選びの方法をご提案しましたが、それでも思った色と違うものを購入してしまうことはあると思います。
その場合、メーカーさんによっては開封前であれば色交換してくれるところがあります。

今から購入を考えているメーカーで、そういったサービスが行われていないかを調べておきましょう。
その際に、「開封後はNG」など交換してもらうための条件が定められていることが多ので、ポイントを事前に確認しておきましょう。

ピンクエイジの場合【色交換】

【掲載用】ピンクエイジの色交換サービス情報

交換返品方法についてピンクエイジ公式サイトで見る

ブライトララの場合【色交換】

画像をクリックすると該当ページに飛べます。

レオンティーナの場合【色交換】

【掲載用】レオンティーナの色交換サービス情報

交換返品方法についてレオンティーナ公式サイトで見る

今回はブログ内でご案内しているショップのみ明記しましたが、他社さんでも行っている可能性はあるので、ぜひ調べてみて下さいね。

【購入後】人毛100%ヘアピースの場合

※人毛100%商品でも、毛染めを推奨していない商品についてはこの限りではありません。必ず商品公式サイトで事前確認をお願いします。

つづいては、人毛100%ヘアピースを購入後、交換期限が過ぎているなどで返品交換ができない場合の解決方法を書いていきたいと思います。

❶ ヘアピースを毛染めする
❷ 地毛を毛染めする

人毛100%商品で毛染めに対応している商品については、ご自宅でセルフカラーをするか、美容院に持ち込んで、ヘアピースか地毛の色を変える選択肢があります。

美容院に持ち込む場合は、事前に担当美容師さんに相談しておきましょう。
美容師さん側から、「ヘアピースを染めるか地毛を染めるかどちらが良いか」などを提案してもらえると思います。

【掲載用】白髪染め施術の様子

【購入後】人工毛(人毛MIXを含む)ヘアピースの場合

つづいては人工毛(人毛MIXを含む)ヘアピースを購入後、交換期限が過ぎているなどで返品交換ができない場合の解決方法を書いていきたいと思います。

人工毛を含む商品は、毛染めをすることができません。
よって、購入した商品に地毛の明るさをあわせるしか方法がありません。

この後の対策方法としては、

❶ 購入したヘアピースを美容院に持ち込んで、相談のうえ地毛の色をヘアピースの色に合わせてもらう
❷ あまりに明るすぎて自分に合わない場合は、今回は使用をあきらめて次回の買い物に活かす

という2つの方法になります。

【掲載用】美容師がカウンセリングしている画像
美容師によるカウンセリング

ヘアピースのつけ方・コツに関する記事はこちらにあります

私はこのブログ内に、はじめてヘアピースに挑戦する方向けに「ヘアピースの装着方法」についてかなりかみ砕いた内容で記事を書いています。

ヘアピースのつけ方にちょっと不安がある方、なんかしっかり留まらないなという方は、ぜひ読んでみてください。
私も現在進行系でヘアピースを着用していますので、他にも有用なアイデアが出てきたら都度追記をしたり別の記事で共有をしていく予定です。

まとめ

今回はヘアピースの選び方ポイントについて、現役ヘアピースユーザーの元美容師が解説させて頂きました。

初めて購入される場合は自分に合う商品の選び方が分からず、なかなか決められないケースも多いと思います。

選び方と、購入後に合わなかった場合にどういう選択肢があるのかを知ることで、すこし安心して購入に踏み切って頂けるのではないかと思います。

現在は昔に比べ、ヘアピースはかなりラインナップが豊富になっていますので、必ずあなたに合う形状の商品があると思います。

微力ながら、私のブログがそのお手伝いの一端になればと願っております。

【掲載用】生花のしおりでブックマークしている画像

今回の記事が参考になったようでしたら、是非ブックマークをお願い致します。
最後まで読んでいただきまして、まことにありがとうございました。

にゃんたの総合案内所 - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました