PR

脱ウィッグ➡ヘアピース=かなりラク‼美容師ヘアピースユーザーがわかりやすく解説します

【アイキャッチ】プリシラ前髪つきヘアピース フルウィッグ
フルウィッグヘアピース
FavoriteLoadingこの記事をブックマークする

こんにちは、にゃんたです。
40代半ばの子なし主婦です。
私は20代の10年間、美容業界で美容師として働いていました。

【掲載】私の美容師免許
私の美容師免許

私は20代から40代前半にかけ、大きな病気を3回経験しました。
その治療に伴う脱毛により、いままで通算3年半ほどフルウィッグ生活を経験しています。

その後は頭頂部の薄毛をカバーする目的で、外出時のみヘアピースを使用しています。
ヘアピースを使いだしてからは、1年が経ちました。

こちらは、過去に使用していた私物フルウィッグたちです。

【掲載用】私物ウイッグ
私物ウイッグ

こちらは、現在使用中の私物ヘアピースたちです。

【掲載用】ヘアピース接地面の素材比較裏面
私物ヘアピース

今回は今までの私の経験をもとに、現在フルウィッグを使用している方・現在頭頂部に悩みがある方向けに、ヘアピースという選択肢について解説したいと思います。

結論として最初に、ヘアピースのメリット・デメリットについて私なりに定義すると

ヘアピースのメリット
・ピンで留めるだけなので、締め付け感がなくてラク
・頭頂部をカバーするだけなので、夏もそこまで暑くない

ヘアピースのデメリット
・商品にもよるが、広範囲のカバーには向かない
・商品にもよるが、ある程度地毛の色と合わせる必要がある

こんな感じになります。

にゃんた
にゃんた

あなたの現在の髪の悩みは、ヘアピースでは解決できないでしょうか?

広告

40代以降の女性|髪の悩みのほとんどは白髪・薄毛・病気による脱毛

まずはじめに、40代以降の女性が抱える髪の悩みは以下の3つに関するケースがとても多いです。

❶ 白髪
❷ 薄毛
❸ 病気による脱毛

私は10年間に渡り美容師としてたくさんのお客様を見てきましたし、現在は私自身が40代半ばで❶~❸のすべてを経験しています。

そのなかでも❸で脱毛を経験された方が、そのあとどういう悩みを持つケースが多いかというと、

・自分が納得できる長さになるまで、フルウィッグを使い続けないといけないのがしんどい(締め付け感がきつい・暑い)

・新たに生えてきた髪が元の髪質と違うので、なかなかウィッグを外せない(くせ毛・薄毛)

この2つのケースに分かれることが多いです。

にゃんた
にゃんた

実は、上記の❶〜❸はどれもフルウィッグではなくヘアピースを使うことで、解決できたり使用感が楽になるケースが多いです‼️

今回はそういった観点から、ヘアピース商品の可能性についてご案内していきたいと思います。

ヘアピースには若年層向け・ロングヘア対応商品もあります

抗がん剤治療で脱毛を経験された方は、病院や患者会などからフルウィッグ商品の情報を得ていると思います。
その中には、少数ながら20代など若年層の女性も含まれます。
私もその一人でした。

一方、加齢に伴う薄毛や白髪で悩む40代以降の女性は、昔に比べるとはるかに若見えする方が増えています。
パッと見では10歳くらい若く見えるケースも、いまでは当たり前になっています。

そういった若い世代や見た目が若い40代以降の世代からすると、

ヘアピースって、年配の女性(50代後半~)が使うものでしょ?

という認識を持つ方が多いです。
そのため「ヘアピース」と聞いても、あまり興味が沸かない方も多いのではないでしょうか。

にゃんた
にゃんた

実は私も、ずっとそう思っていました。
私自身が実際にヘアピースを使うようになるまでは!!

昔の美容院では
ヘアピース=年配のお客様のための商品
という認識が当たり前でした。

でも現代は、全然そんなことないんです!!

いざ自分が、頭頂部の悩みを解決するための商品を探すようになったら、現在のヘアピース商品のラインナップの多様さに驚きました!!

例えばこちらの2つの商品も、ヘアピースです。
写真をクリックすると商品ページに飛べます。

ピンクエイジ⏬⏬⏬

ブライトララ⏬⏬⏬

こちらの商品って、けっこう若者向けですよね?
モデルさん自体が若いですよね。

これらの商品は外から見ただけでは分からないと思いますが、フルウィッグではありません。
前髪の生えぎわと頭頂部を、何箇所かピンで留めるだけで使える商品です。
だから、これらもヘアピース商品なんです。

にゃんた
にゃんた

これを見たら、今フルウィッグを使っている方も、ちょっとヘアピースに変えてみたくならないですか?
薄毛に悩んでいる若い世代の方も、こういう商品があるなら使ってみても良いかも?と感じないでしょうか?
フルウィッグと比べると、使用感はヘアピースの方が断然ラクになりますよ‼

現代のヘアピースはかなりラインナップ豊富です

前の章でちらっとご案内したように、現在のヘアピースのラインナップは昔に比べてかなり豊富です。
従来のように、年配の方をターゲットにした商品もあれば、若者が気分を変える目的で使える商品まであります。
今回の記事ではまず、いまのヘアピースってこんなに幅広いラインナップがあるんだ!! ということを知ってもらえたら嬉しいなと思います。

頭頂部のみをカバーする商品

こちらは、いわゆる「ヘアピース」と聞いて思い浮かべる、従来通りの形の商品になります。
おもにつむじ周りのみをカバーして、頭頂部の髪の量を多く見せるための商品です。
素材や価格帯も幅広く、年輩の方だけでなく若い方でも気軽に使える商品もあります。

【人毛100%】ミニつむじヘアピース 12~20㎝|レオンティーナ

写真をクリックすると、商品ページに飛べます⏬⏬⏬

こちらが、上記商品のヘアピース単独画像です。

【人工毛】とけこみウィッグ/ショート 20cm|レオンティーナ

写真をクリックすると、商品ページに飛べます⏬⏬⏬

こちらが、上記商品のヘアピース単独画像です。

上記商品(レオンティーナのヘアピース)については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になった方はぜひご覧ください‼

ミディアム~ロングの方でも使える商品

こちらは、髪の長さがミディアム以上の方におすすめの商品です。

本当は髪を長く伸ばしたくても、長いヘアスタイルは頭頂部にボリュームがないと寂しい感じに見えてしまいますよね…。
しかし、これからご案内するような商品を使うと、気軽に自然なボリュームを作ることが出来ます!!
今までフルウィッグを使ってロングヘアにしていた方も、地毛の長さがあれば簡単に使える商品になります。

総手植え 最高級人毛(レミー) 100% トップヘアピース 分け目タイプ 15cm/20cm|

写真をクリックすると、商品ページに飛べます⏬⏬⏬

【最高級人毛(レミー) 100%】 部分手植え ヘアピース 20cm/25cm|ブライトララ

写真をクリックすると、商品ページに飛べます⏬⏬⏬

上記商品(ブライトララのヘアピース2点)については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になった方はぜひご覧ください‼

【人工毛】トップカバー分け目Lサイズウィッグ 25cm|レオンティーナ

写真をクリックすると、商品ページに飛べます⏬⏬⏬

こちらが、上記ヘアピース商品の裏面画像です。

上記商品については、こちらの記事で詳しく解説しています。
気になった方はぜひご覧ください‼

【人工毛】手植えトップカバー サイドバングルーズCカール 47cm|ピンクエイジ

写真をクリックすると、商品ページに飛べます⏬⏬⏬

ピンクエイジのヘアピースは人工毛なのですが、人工頭皮部分(ヘアピース裏面)にはかなりのこだわりを持って作られています。

その大きな特長は、

・生えぎわ部分にフロントレースがついており、前髪が上がっても自然に見える
・人工頭皮部分が大きく、広い範囲をカバーできる
・クリップがたくさんついており、広範囲からがっちり留められる

になります。

フロントレースというのは、下記動画のように「前髪の生えぎわが見えても不自然に見えないようにするための造り」だと考えて頂ければ大丈夫です。
この価格でここまでの造りをしているメーカーさんはなかなかないので、ミディアム以上の長さのヘアピースを探されている方には、ピンクエイジはとてもおすすめ出来る商品だと思っています。
フロントレースはこんな感じになります⏬⏬
興味のある方は一度見てみて下さいね。

また、通常ヘアピースにはピンが2~3個付いているのが大半ですが、ピンクエイジのトップカバーは7個のピンが付けられています。
しっかり広範囲から留めてがっちりとカバーしたい方には、ピンクエイジの商品はとてもおすすめできると思います。
もし使わないピンがあったらご自身で外してしまってもいいですし、使いたい箇所のピンだけで使う事もできます。

ピンクエイジのヘアピースについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

【画像注意】私の頭頂部と現在使用しているヘアピースをご紹介します

私は2024年現在は、頭頂部の薄毛をカバーするために前髪つきヘアピースを使用しています。
家のなかでは使わず、買い物などで出かけるときのみ使用しています。
実際に私がどのぐらい脱毛をしてしまったのか、軽くご紹介させて頂きます。
こちらが、2023年1月当時の私の頭頂部です⚠⚠⚠⏬⏬⏬

【掲載用】私の脱毛時の写真

つづいて、下記は2024年1月現在の私の頭頂部です⏬⏬⏬
マシにはなっていますが、まだヘアピースなしでは外出が厳しいかなと思います。

【掲載用】私の脱毛時の写真2

この状態で、こちらの商品を着用していきます。

こちらが、上記ヘアピースを使い始めた当初の画像になります。
まだ地毛の襟足周りが短いので、見えている部分はほぼ上記ヘアピース商品の髪の毛です。

【掲載用】ヘアピース左側から
【掲載用】私がウィッグを被っているところ(横から)
【掲載用】プリシラヘアピース着けはじめ後ろから

ヘアピース着用時の私の頭頂部がこちらになります。
ヘアピースのすきまから後頭部の脱毛部分が少し見えています。
脱毛症によって髪が薄くなっている方は、こちらを見ていただくと、ヘアピースでどれくらいカバーできるのかの参考になるのではないかと思います。

【掲載用】プリシラヘアピース上から

その後もずっと使い続けており、地毛が伸びた状態がこちらになります。
襟足周りでハネているのが地毛になります。

【掲載用】ヘアピース2024年2月時点

こちらの商品は、プリシラさんの「ナチュラルぱっつんバングス TFX-104」になります。
人工毛商品で、前髪がついたヘアピースになります。
商品ページは⏬⏬⏬にありますので、もし良いなと思った方は見てみてください。
こちらはモデルさんがロングヘアなので、一見ロングのフルウィッグに見えるかもしれませんが、ミディアム丈のヘアピース商品です。
長さはいちばん長いところで28cmの商品になります⏬⏬⏬

この商品については詳しいレビュー記事も書いていますので、興味のある方はこちらも見てみてください。

【2024年3月追記】新しいヘアピースを迎えました。

プリシラのヘアピースを1年程度使用したのち、もう1つ新しい商品を迎えました。

今回の記事内でもご案内しているピンクエイジの商品で、私は前髪ありのタイプを選びました。

画像をクリックすると商品ページに飛べます。

こちらが私の着用画像になります。

【掲載用】にゃんたピンクエイジシースルーバングルーズCカール装着正面から
ヘアピース装着正面から
【アイキャッチ】ピンクエイジ前髪つきヘアピース
ヘアピース裏面と私の着用画像横から

この商品については詳しいレビュー記事も書いていますので、興味のある方はこちらも見てみてください。


わたしが全頭を脱毛していた時期は、本当にたくさんフルウィッグのお世話になりました。
友達と会うのにも、旅行に行くのにも、全部フルウィッグを使っていました。
以下の2つの金髪は、どちらもフルウィッグになります‼

【掲載用】フルウィッグ画像
【掲載用】フルウィッグ画像2

それが現在は、ヘアピースに変わりました‼
実際に両方を日常遣いしている者として言えるのは、やっぱりすごく楽になったということです。
締めつけ感がないので、「わざわざかぶる」という感覚から解放されます‼

【掲載用】プリシラ前髪つきヘアピース
【掲載用】ピンクエイジヘアピース着用画像

もしヘアピースを使ったことがない方は、ぜひ気軽に試してみてください。
出かけるのがちょっと楽しみになると思います‼

ヘアピース商品の参考記事はこちらにたくさんあります‼!⏬⏬⏬

ヘアピース
「ヘアピース」の記事一覧です。

ヘアピースのつけ方・コツに関する記事も書いています

にゃんた
にゃんた

はじめてヘアピースに挑戦する方向けに、ヘアピースの装着方法についてかなりかみ砕いた内容で記事を書いてみました。
つけ方に自信がない方は、ぜひこちらの記事も読んでみてくださいね‼

まとめ

今回はヘアピース商品について、元美容師で現役ヘアピースユーザーの私が解説させて頂きました。
今回の記事を読んでいただくことで、従来の「ヘアピース」という言葉が持つイメージを少し変えられたらと思い、記事にしてみました。
ヘアピースひとつあるだけで、出かけたり旅行に行くのが楽しみになりますよ。
あなたの現在の状態に合わせてぴったりな商品を選べば、お出かけの幅が一気に広がります‼
良いなと思う商品があったら、とりあえずひとつ買ってみましょう。
つけているうちに、だんだん付け方のコツが分かるようになりますよ。
フルウィッグよりも、たぶんかなり簡単です。
私の記事で、ヘアピースに挑戦するお手伝いができればとても嬉しいです。

【掲載用】生花のしおりでブックマークしている画像

今回の記事が参考になったようでしたら、是非ブックマークをお願い致します。
最後まで読んでいただきまして、まことにありがとうございました。

にゃんたの総合案内所 - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました